印刷ボタンをクリックすると印刷メニューが表示されます。このエリアは印刷されません。

Thanks brooch

このハンドメイドについて

ネックレスは長さがわからない!指輪はサイズがわからない!そんな母の日のプレゼントはブローチで決まり!大きさ約3.5センチです

材料

  • 純銀ワイヤー(ブローチ)
    0.3を約3m
  • 純銀ワイヤー(台)
    0.3を約2m
  • ブローチ金具
    1
  • 好みのビーズ(本体)
    3~4mmサイズを35個
  • 好みのビーズ(花芯)
    4~5㎜サイズを数個
  • かぎ針
    5/0号

道具

作り方

1

編み図です。 好みのビーズを35個通してから編み始めます。細編み3目が中心にきますので、ビーズを考えて通す方はここをふまえて通してください

2

中長編みは針に糸をかけ、引き出し、一度に引き抜くときにビーズも一緒に編みこみます。長編みは画像の通り、最後に引き抜くときにビーズを編みこみます。

3

作り目を引き抜きで戻って糸の始末。完成した編地を裏から見るとこんな感じ。長編みのビーズは上にあるのがわかります

4

表からも見てみます

5

ブローチ台にとじつけていきます。編地を【ビーズが内側に】なるように整えます

6

細編みの方を最初に残した銀線で少し留めます。(留めたら糸は処理)ブローチ台にあわせ、軽く広げるように、やわらく曲線を描いて輪に整えます・・・筒状にならないように!

7

真ん中に飾りをつけたい方はこんな感じで、適当に切ったワイヤーに次々ビーズをねじって束にし、真ん中に通して裏に留めます

8

本体が完成したらブローチ台に留めます。外れず、キレイな形になっていれば決まりはないです!ちくちくかがりましょう。ここはお裁縫テクが必要です!

9

なんとか留まったら、ブローチの形を整えます。編み目の頭を起こす、とはこんな感じ。レースのフリルのように見えませんか?

10

裏から見ると、頭が平たくなっているのです。

11

市販のブローチ台で用は足りますが、オール手編みを目指すあなたはブローチ台も編んでみましょう!8目で輪にして、細編み、そこから2目づつ長編みを編み出してください。

12

台はこんな感じ。このままでもモチーフとしてアクセサリに使えるんですよ♪上から全体を軽く叩いて強度を出してから使ってください

13

完成!お母さんの好きな色のビーズを選んで作ってあげたり、かぎ針つけてキットにしてプレゼントしてもいいですね!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

・難易度が高いのは、ブローチを台に留めつける時の努力と忍耐部分です。 編み方は難しくないです。 ・ワイヤーの先で思わぬ怪我をする場合がありますのでお気をつけください