ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ログイン会員登録

アドレス(URL)変更ならびにアカウント(エキサイトID)移行のお知らせ

裾のダメージ感はそのままに。ジーンズの裾上げ!

お気に入りに保存 19人

投稿者: mihothanku

裾のダメージ感はそのままに。ジーンズの裾上げ!の作り方

このハンドメイド作品について

ジーンズを選ぶ基準って何ですか?色や履いた時のシルエットはもちろんですが、色落ち具合とか、ジーンズならではのダメージ加工が気に入って購入することも多いのでは??ダメージ加工って裾まで入ってるけど、裾あげすると切れちゃうのがもったいない~!裾の加工はそのまま残した裾あげ方法を紹介しちゃいます!

材料

  • 裾上げしたいジーンズ
    1本
  • ジーンズと同色のミシン糸
    適宜
  • ステッチと同色のステッチ糸
    適宜

道具

  • 16番のミシン針

作り方

  • 1
    ジーンズの表に、裾あげする長さと三つ折りの長さを足して、チャコで線をつけます(A線とします)。今回は6.5cm短くするので、三つ折り分1.5cmと足して、8cmの所に印をします。
  • 2
    リッパーか目打ちで裾のステッチをほどきます。
  • 3
    ステッチがかかっていたところにしつけをかけます。
    工程1でつけたA線と、しつけをしたところの中心に合印をつけます。合印は前・後ろにつけて下さい。
  • 4
    しつけをした所から上1cmと、A線から下1cmの所でそれぞれカットします。
    切り取った裾は残します。


  • 5
    切り取った裾を裏へ返します。切り口を中表に合わせ重ねます。しつけとA線を合わせ、中心→両端→中間とマチ針でとめます。裏へ返し、ジーンズと同色の糸でマチ針側から縫います。
  • 6
    開きます。元の裾線が出来上がり線になります。
    出来上がり線から2cm下を折り返し分として残し、端にロックをかけます。ロックミシンがない方は、切り揃えて縁かがりをします。
  • 7
    裏側にします。出来上がり線から2cmを折り返して、しつけをかけます。
  • 8
    工程6の縫い目の際に、ステッチをかけます。ステッチの色は他のステッチ糸と似た色をつかいましょう。
    縫い代が重なって厚くなるので、必ず16番の針を使いまます。
  • 9
    出来上がり♪
    裏側はこんな感じになります。
    お疲れ様でした(^ー^)

このハンドメイド作品を作るときのコツ

注意①裾が切れているようなダメージ加工の場合は、裾上げできません。
注意②裾上げが2cm未満はできません。
裾の三つ折り部分が2重になるので、少し厚みがでます。見た目はわかりませんが、気になる方もいるかな??

mihothankuさんの人気作品

「裾上げ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログインが必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2020 Atelier, Inc. All Rights Reserved.