ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ログイン会員登録

アドレス(URL)変更ならびにアカウント(エキサイトID)移行のお知らせ

スパンコールのマカロンストラップ

お気に入りに保存 43人

投稿者: Merciere

スパンコールのマカロンストラップの作り方

このハンドメイド作品について

いろいろなやり方があると思いますが、あれこれ試してこの作り方になりました。
最近はプラくるみボタンの穴あきタイプがでたり、ファスナーの色も増えて、さらに作品つくりが楽しくなってきました。

材料

  • ファスナー
    10センチ
  • プラくるみボタン
    30ミリ 2個
  • 端切れ
    6×6センチ 4枚
  • スパンコール
    適量
  • ビーズ
    適量
  • 飾り紐(アジアンノット)
    適量
  • ストラップ金具
    1個

作り方

  • 1
    直径5センチの円の周りをぐし縫いします。
  • 2
    同サイズのキルト綿・プラくるみボタンをのせ中央を指で押さえながら糸を引きます。
  • 3
    同じものを2個用意します。
  • 4
    裏から脇に一度針を出しその穴から表へ針を刺しなおし表に糸を出します。
    脇はあとでファスナーを付けるので目立ちません。
  • 5
    スパンコールを外側から回すように着けて行きます。
    1周終わったら2周目3周目と進めていき最後はたま止めをスパンコールに隠れる位置にして留めます。
  • 6
    ファスナーを縫います。
    裏から金具の1~2ミリのところを片方ずつ仕上げます。
    一気に縫うと仕上がりに響きます。
  • 7
    縫い終わったところ。

    端を三角に折って邪魔にならないように留めておく
    (写真11参照)

  • 8
    ファスナーの端をぐし縫いします
  • 9
    ふんわりと糸を引いてたま止めします。
    あくまでも仮縫いなので
    強く引きすぎるとペタンコなマカロンしか出来なくなります。
  • 10
    先ほど作ったドームをまつりつけます。
    プラ板が入っているため縫いにくいので1周縫ったあと2周目はその縫い目の間を埋めるようにまつりつけると細かく縫ったようになります。
  • 11
    ファスナーの留め金のところにアジアンノットをループ状にしたものを縫いとめる。
  • 12
    裏布をまつりつけます。
    ファスナーを外側に倒すと縫いやすいです。
    中に少し綿を入れるとやわらかく仕上がり、ピアスなどを収納するのに便利です。
  • 13
    仕上げです。
    ファスナーの端にアジアンノットを固定し縫いとめます。
    裏をつけるときに中に縫いこんでいるので抜けないのですが、ここでもう一仕事しておくと安心です。
  • 14
    ストラップを付けて完成です。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

土台布は無地が基本ですが、ムラ染めがお勧めです。
また、スパンコールは単色・混色いろいろ楽しめます。
ファスナーをまつりつけたあとでスパンコールを縫い付けたほうが糸が絡みにくく楽かもしれません。お好きな順番で作ってください。

Merciereさんの人気作品

「マカロンストラップ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、 ログイン が必要です

現在:0件



最新情報をSNSでも配信中♪

twitter
手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2020 Atelier, Inc. All Rights Reserved.