ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ログイン会員登録

アドレス(URL)変更ならびにアカウント(エキサイトID)移行のお知らせ

立体きのこしおりのブックカバー

お気に入りに保存 38人

投稿者: 奥山佳恵

立体きのこしおりのブックカバーの作り方

このハンドメイド作品について

サイドが左右ともフクロ型になったオリジナルのブックカバーです。
チロリアンテープをそのまましおりにし、立体きのこを付けました。
きのこはマトリョーシカ柄やチェック柄とも、相性いいですよね!

材料

  • 本体
    表・裏各1 18×26cm
  • サイド(片側を輪にしたもの)
    18×6.5cm 2枚
  • 立体きのこ用の綿
    ほんの少し
  • フェルトのきのこ
    上2枚下1枚
  • チロリアンテープ
    23cmくらい

作り方

  • 1
    まずは「立体きのこしおりの作り方」から。

    フェルトで“きのこ”の形に切り、フレンチナッツステッチで刺繍する。
  • 2
    テープをはさみ、上2枚を合わせる。
  • 3
    上2枚をぐるりと縫い、閉じきる前に綿を詰める。(お箸などがあると便利♪)
  • 4
    「立体きのこ」のしおりが完成
  • 5
    ここからブックカバーの作り方。

    テープのてっぺんをほんの少し上に出し、裏地の真ん中あたりに仮縫いをする。立体きのこを縫いこまないように立体きのこ全体を中央におさめておく。
  • 6
    すべて中表でそれぞれのパーツを縫い合わせていく。

    裏が上を向いた状態で、左から、サイド(点々は折りたたむ輪の部分)、裏地、サイド、表地・ながーい一枚にする。
  • 7
    イラスト部分が返し口で、縫いきらないように注意!
  • 8
    左右のサイドを折りたたみ、一番右側にあった表地を上からかぶせる。 

    もう少しで出来上がり!
  • 9
    まち針で止め、右上から右下まで「逆コの字」で縫う。返し口のある右の一辺は縫わない。
    サイドと本体が重なっている部分は、ずれないよう慎重に縫う。
  • 10
    四つ角を切り落とし、余分な縫い代をカットする。
  • 11
    返し口から表に返して、返し口をまつり縫いしたら完成♪
  • 12
    まつり縫いをする返し口がサイドの内側に隠れるので、仕上がりがよりキレイになる!

    サイドが左右ともフクロになっているので、本がかわいく、しっかり固定されます♪

このハンドメイド作品を作るときのコツ

返し口の場所がポイント!フクロの内側にあるので仕上がりがキレイになると思います。
また、返し口から表に返したときにカドをしっかりと出し、仕上げにアイロンをかけるとさらにステキです。

しおりの先にチョコンと付いた、立体きのこがポイント!
本にしおりをはさむたびに、なんだかしあわせ気分に♪

奥山佳恵さんの人気作品

「きのこ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログインが必要です

現在:1

  • もぉもさん
  • きのこではないのですが、ブックカバーの作り方を参考にさせて頂きました。
    わかりやすく丁寧に載せて頂いたので、
    初心者の私でも簡単に作ることができました。
    また新しい作品できましたらUPお願いします!
    楽しみにしています。
  • 2009/10/24 22:02


最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2020 Atelier, Inc. All Rights Reserved.