ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ログイン会員登録

アドレス(URL)変更ならびにアカウント(エキサイトID)移行のお知らせ

革のカードケース(アンティークレース×ボタン)

お気に入りに保存 29人

投稿者: SAFFRON

革のカードケース(アンティークレース×ボタン)の作り方

このハンドメイド作品について

やわらかな牛革にアンティークのレースとボタンを組み合わせ、カードケースを作りました。
赤いヒモとタグ使いのリボンで全体を引き締め、オリジナル感をプラスしています。
素材の持つ深みとやさしさが一つになって、使う程にしっくりと馴染み、愛着が増してくるはずです。
名詞を入れたりお気に入りのショップカードを入れたり・・・
手に取る度に嬉しくなるカードケースです。

材料

  • 牛革(こげ茶)
    16.5cm × 12cm
  • レース
    3cm×15cm
  • ボタン(直径2cm)
    1個
  • ヒモ(直径1.5mm)
    50〜60cm
  • リボン(1cm巾)
    4cm弱
  • ミシン糸(白)♯60
    適量
  • ミシン糸(茶)♯30
    適量

道具

  • ミシン(厚手の生地に対応)
  • ミシン針(出来れば革用)
  • ハトメ(穴をあける道具)
  • ゴム台
  • ハンマー
  • 手芸用(革用)ボンド
  • ハサミ
  • ものさし

作り方

  • 1
    牛革(ハサミもしくはカッターで16.5cm×12cmにカット)を準備し、ボタン取り付け位置にハトメで穴(直径3mm)をあけておく。
    (端から穴、穴から穴、どちらの間隔も1cm程度)
  • 2
    レースの位置を決めて、表面からボンドで軽く貼り留め、折り返し部分も裏側に貼り合わせておく。(収納部分の折り返し位置が6.5cm、フタとしてかぶさる折り返し位置が3.5cm)
  • 3
    ボンドが乾いたら、レースの両端を白糸(♯60)で縫う。
  • 4
    半分に折ったリボンを右側(中心からやや下の位置)に挟み込んだ状態で革と革をボンドで貼り合わせる。(6.5cm位置で折り返し)
  • 5
    ボンドが乾いたら、重ねた革の両端を茶色の糸(♯30)で真っ直ぐに縫う。(始まりも終わりも返し縫いを丁寧に行う。)
    ミシンで縫う作業はこれで終了。
  • 6
    仕上げにボタンを取り付けていきます。
    まず、ボタンにヒモを通し、ヒモの中心にボタンがくるようにセットします。
  • 7
    最初にあけておいた穴に表面からヒモの両端を通し、裏面で固結びをしてボタンを固定します。
  • 8
    ヒモを2本とも一緒にケースに巻き付け(下→上→下/表→裏→表)
    ボタンに引っかかる位置で結びます。(2本一緒に持ってぐるっと玉結びにします。)
  • 9
    完成。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

アンティークのレースとボタンを使用していますが、アンティーク素材にこだわらずお好きな素材でお楽しみ下さい。
使用した革の厚みは1mm程度のなので、厚手の生地に対応出来るミシンなら縫えるはずですが、試し縫いをしてから進むようにして下さい。
ボタンは、表側に装飾が施され、裏側に通し穴(大きめの穴)が一つ付いたタイプを選んでください。ヒモはボタンの穴に通すことが出来る太さのものをお選び下さい。

SAFFRONさんの人気作品

「アンティーク」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログインが必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2020 Atelier, Inc. All Rights Reserved.