ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ログイン会員登録

アドレス(URL)変更ならびにアカウント(エキサイトID)移行のお知らせ

リネンのクッションカバー その1

お気に入りに保存 17人

投稿者: ユーズド マニア

リネンのクッションカバー その1の作り方

このハンドメイド作品について

リネンを使ったクッションカバーを個性的に作ってみました。
ひとつあるだけで存在感とボリューム感があります。
クッションのサイズは36cm×36cm使用です。

材料

  • リネン
    148cm幅×0.8m
  • 片面ギャザーの綿レース5cm幅
    1.2m
  • 片面ギャザーの綿レース2cm幅
    2.4m
  • お好みのレース3本
    各40cm
  • ファスナー 30cm
    1本

道具

  • ロックミシン

作り方

  • 1
    パターンを作成します。
    画像は出来上がり寸法が36cmとしています。お持ちのクッションに合わせて数字を入れ替えてください。
    縫い代は全て1cm。リボンは縫い代なしです。
  • 2
    縮みと色落ちがあるため、まずは裁断する前に洗濯してください。
    アイロンでしわを伸ばしたら裁断します。りぼんは字の目に対して横向きに手で裂いてください。
  • 3
    リボンをアイロンでタテ半分に折り目をつけ、その上をミシン目を最大にし端から端まで縫って38cmに縮めます。縮めたら2cm幅のレースを真ん中に乗せミシンで縫いつけます。
  • 4
    レースが内側に来るように折り、0.5cmの幅でミシンで0.5cmで縫い付けます。
  • 5
    さらに4cmのレースで両側から挟むようにミシンで縫います。
    3~5の工程で同じリボンを3本作ります。
  • 6
    次に作ったリボンを表面に縫い付けます。パターン上の2.5cmの真ん中にリボンの輪の方を乗せ、ミシンで仮縫いします。
  • 7
    縫い代を折り、リボンを挟み込んで1cmの縫い代で縫います。3本のリボンを同じよう縫います。
  • 8
    7の工程を表から見たところです。
  • 9
    バランスのいい場所にレースを縫い付けます。
  • 10
    ファスナーをつけます。
    中表にして両端のファスナー付けまで1cmで縫った後、、ファスナーを後ろ向けて置き、端を仮縫いし、2cmのところをアイロンで折り、ミシンで縫います。
  • 11
    反対側のファスナーの端と生地の端を中表にあわせ0.7cmの縫い代で縫い、製図の2cmのところをアイロンで折り、ファスナーに被せるように整え、ミシンをかけます。
  • 12
    出来上がった表面、裏面を中表に合わせ、1cmの縫い代で一周縫います。あれば・・・縫い代にほつれ止めのロックミシンをかけ、なければ18mmのバイアステープ(1.5m)で処理します。
  • 13
    表にひっくり返し、クッションを入れたら完成です。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

生地の量はクッションのサイズによって変わるので、ざっくりでも図ってから購入してください。
レースは白を紅茶で染めたものを使用しました。
リネンは色落ち縮みがあるので裁断前に水通しをし、しわを伸ばして作る場合は半乾きの状態でアイロンをかけます。

ユーズド マニアさんの人気作品


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログインが必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2020 Atelier, Inc. All Rights Reserved.