ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ログイン会員登録

スパイラルロープの編み方

お気に入りに保存 2人

投稿者: 楽習フォーラム

スパイラルロープの編み方の作り方
スパイラルロープの編み方の作り方
スパイラルロープの編み方の作り方

このハンドメイド作品について

スパイラルロープの編み方を図で解説します!

スパイラルロープとは
スパイラルロープとは芯となるビーズの周りに、いくつかのビーズで構成されるパターンのビーズがらせん状(Spiral) に並んだロープ状の編み地を作る技法です。

中心を貫くビーズを「芯ビーズ」、周りに巻き付いているビーズを「外側ビーズ」といいます。

芯ビーズを増やすごとに外側ビーズを1回巻き付けるのが基本的な動作ですが、芯ビーズや外側ビーズの数や種類を変えることにより、バリエーションに富んだ編み地を作ることができます。

材料

  • ビーズ
    適量
  • 1本
  • ビーズステッチ用糸
    適量

作り方

  • 1
    1.ビーズ4 個を通します。

    ※ここでは4個を通して解説してゆきますが、実際の個数は作品のレシピに従ってください。
  • 2
    2.外側ビーズを通します。
  • 3
    3.芯ビーズを同じ方向から拾い、糸を引きます。
  • 4
    4.外側ビーズを左に倒します。

    ※右に倒して編む場合もあります。その際は、2目め以降も右に倒します。
    外側ビーズは常に同じ方向に倒しましょう。倒す方向により、らせんの向きが変わります。
  • 5
    5.芯ビーズ1個を通します。
  • 6
    6.外側ビーズを通します
  • 7
    7.芯ビーズの上から4 個を編み始め側から拾い、糸を引きます。
  • 8
    8.外側ビーズを左に倒します。


    以降、5~8を繰り返して編み進みます。
  • 9
    糸始末について

    芯ビーズを拾って外側ビーズの下で玉留めをします。そのまま外側ビーズを拾って芯ビーズに戻ります。

    これを2 ~ 3 回繰り返し、芯ビーズから糸を出して余分な糸を切ります。
  • 10
    図と実際の編み地の違い

    図では芯ビーズがまっすぐに描かれていますが、実際に編むと芯ビーズはうねった状態になります。
  • 11
    編地について

    基本は外側ビーズ1パターンが1段となります。

    スパイラルロープは常に一定の方向に編み進みます。編み地の天地を逆にして反対方向に編む場合でも、編み方( 倒す方向など)を変える必要はありません。

楽習フォーラムさんの人気作品

「ビーズステッチ」の関連作品

全部見る>>

この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、 ログイン が必要です

現在:0件



このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2021 Atelier, Inc. All Rights Reserved.