ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ログイン会員登録

アドレス(URL)変更ならびにアカウント(エキサイトID)移行のお知らせ

裏地付き2枚布ペンケース

お気に入りに保存 35人

投稿者: こうづき みう

裏地付き2枚布ペンケースの作り方

このハンドメイド作品について

自分好みサイズのペンケースが探せなかったので作りました。
そこそこ長く使えるようにナイロンの裏地も付けました。
三角定規がすっぽり入ります。

ポイント:アイロンがけや、糸始末をしっかりやると、綺麗で長持ちします。ちょっと手間ですが、やっぱりちゃんとやった方がいいです。
時間:一日がかり(慣れれば半日ぐらいで出来るかもしれません。)
費用:だいたい600円(余った材料費も含めます。)
このペンケースの残念なところ:使いたての鉛筆は長すぎて入りません。15cm定規も、ちょっと窮屈そうです。

材料

  • ・柄布A(上に来る方)
    2枚
  • ・柄布B(下に来る方、あまり派手じゃない方がいいかも)
    1枚
  • ・ナイロン裏地
    3枚
  • ・中布(柄布B用)
    1枚
  • ・タグ(付けたい方は)
    1つ
  • ・レース
    1mで売っていたものを1つ
  • ・ファスナー
    1本

作り方

  • 1
    型紙の大きさで布系をすべて裁ち、すぐに解れてしまわないように柄布A、Bの四辺にジグザグミシンをかける。
  • 2
    すべての布系を縫い代で折り目をつける。アイロンをかけると作りやすくなります。
  • 3
    柄布Aとそれと同じ大きさの裏地を、縫い代が重なるようにして四辺を縫う。
  • 4
    柄布Bと中布を重ねて(縫い代関係なく)縫い合わせる。
  • 5
    柄布Bとそれと同じ大きさの裏地を、縫い代が重なるようにして四辺を縫う。
  • 6
    柄布Aの裏側にファスナーを置いて、マチ針で押さえる。(上側の柄布Aと下側の柄布Aが一直線になるように!)
  • 7
    ずれないように気をつけながら、柄布Aとファスナーを縫い合わせる。
  • 8
    柄布Aと柄布Bを縫い合わせる。
  • 9
    8で縫った反対側をずれないように合わせてマチ針で押さえる。
  • 10
    (マチ針で押さえたところ)
  • 11
    ファスナーを開けてから、ファスナーまで縫ってしまわないように気をつけて、柄布Aと柄布Bを縫い合わせる。
  • 12
    柄布Aと柄布Bの間にレースを置いて、マチ針で押さえる。
  • 13
    曲らないように気をつけて、布とレースを縫い合わせる。(反対側も同じように)
  • 14
    タグをつけるときには、ここでタグを付けたい位置に、マチ針で押さえる。(マチのことも考えて、タグの場所を決める!)
  • 15
    布をひっくり返して、表と裏とでずれないようにマチ針で押さえて、端の方を縫う。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

・中布ですが、私が購入した柄布Bが意外に薄かったため、中身が透けてしまわないように着けました。布が厚い場合には、なくて結構です。
・ナイロン裏地ですが、私はこれを手芸屋さんでは買わず、100円ショップのナイロンエコバックをちょうどいい大きさに裁って使いました。可愛い柄のエコバックがあれば、裏地を可愛くすることができますね!

こうづき みうさんの人気作品

「ペンケース」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、 ログイン が必要です

現在:0件



最新情報をSNSでも配信中♪

twitter
手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2020 Atelier, Inc. All Rights Reserved.