ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ログイン会員登録

アドレス(URL)変更ならびにアカウント(エキサイトID)移行のお知らせ

フタ付きトートバッグ

お気に入りに保存 29人

投稿者: Otias-Otias

フタ付きトートバッグの作り方

このハンドメイド作品について

フタと外ポケットが付いたトートバッグです。
出来上がりサイズは、マチ含めずに約28cm×24cm、マチ8cmです。

材料

  • 表布/接着芯
    40×31cm(各2枚)
  • 内布/接着綿
    40×60cm(各1枚)
  • 外ポケット表布
    40×19cm
  • 外ポケット内布
    40×21cm
  • 内ポケット
    18×24cm
  • フタ表布/接着芯
    16×20cm(各1枚)
  • フタ裏布/接着綿
    16×20cm(各1枚)
  • フリルテープ
    約50cm
  • アクリルテープ
    66cm(2本)
  • スナップボタン
    1組

作り方

  • 1
    材料の布、接着芯、接着綿を裁断する。
  • 2
    表布、フタ表布にアイロンで接着芯を貼る。
    内布、フタ内布にアイロンで接着綿を貼る。
  • 3
    フタ表布にフリルテープを仮止めする。
    ※端から8mmほどのところにフリルが内側にくるように縫い付ける。
  • 4
    フタ表布とフタ裏布を中表に合わせて縫い代1cmでU字型に縫い合わせる。
    カーブ部分にハサミで細かく切れ込みを入れる。
  • 5
    フタを表に返し、形を整える。
  • 6
    外ポケット内布の上辺を1cm単位で3つ折りにし、アイロンで固定する。
  • 7
    外ポケット内布の三つ折りにした所に外ポケット表布をはさんでミシンでステッチする。
  • 8
    表布に外ポケットを合わせて、両脇を縫って仮止めする。
    下から6cmをステッチし、ポケットの中央をステッチする。
  • 9
    外ポケットを縫い付けた表布に、先ほど作成したフタを中表に合わせて仮止めする。

    ※今回はぴったりに仮止めしましたが、2cmほど外側に出して仮止めしたほうがしっかりしそうです。
  • 10
    表布に、持ち手となるアクリルテープを2cmほど外側に出た状態で仮止めする。
    ※アクリルテープの間は18cm。

    もう一枚の表布にも同様に仮止めする。
  • 11
    内ポケットの外側を1cmづつ内側に折ってアイロンで固定し、さらに半分に折ってアイロンで固定する。
  • 12
    内ポケットの折り山が上にくるようにし、内布の上から7cmのところに縫い付ける。
  • 13
    表布と内布を中表に合わせ、両脇を縫い合わせる。
    縫い代をアイロンで割る。
  • 14
    アイロンで割った縫い代同士をきっちり合わせ、上下と表布の底を縫う。
    ※内布側に返し口を10cmほどあけておく。
    縫い代をアイロンで割る。
  • 15
    表布・内布に8cmのマチを作る。
  • 16
    マチの余分をカットし、端にジグザグミシンをかける。
  • 17
    返し口から表に返す。
  • 18
    表布の中に内布をしまい、形を整える。
    上から5mmと1.5mmの箇所にミシンで1周ステッチする。
  • 19
    内布の返し口を手縫いで閉じる。
    フタと本体にスナップボタンを取り付ける。
  • 20
    完成です!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

持ち手は肩にかけれる長さにしてあります。
お好みで長さを調整してください。

Otias-Otiasさんの人気作品

「トートバッグ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、 ログイン が必要です

現在:0件



最新情報をSNSでも配信中♪

twitter
手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2020 Atelier, Inc. All Rights Reserved.