ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ログイン会員登録

アドレス(URL)変更ならびにアカウント(エキサイトID)移行のお知らせ

ミニトートバッグ

お気に入りに保存 33人

投稿者: tomoshibi27

ミニトートバッグの作り方

このハンドメイド作品について

バッグ作りにハマリかけている現在です。端切れが山程あるので、どんな柄行きにしようか悩んでいる時間が一番楽しいです。

材料

  • シーチング・ブロード等
    40㎝×60㎝
  • 裏地/ブロード等
    40㎝×60㎝
  • 接着芯地/厚手
    40㎝×60㎝
  • 持ち手用テープ2.5㎝幅
    36㎝×2本
  • 飾り用レース・ブレード
    適宜

作り方

  • 1
    透明のプラ板に直接製図して型紙とします。プラ板だと印付けがしやすいですし、透明なので柄合わせがよく見えます。
  • 2
    本体用の生地を型紙より大きめに荒断ちして厚手の接着芯をアイロンで張ります。その後、型紙を当てて裁断し、縫い代1㎝のラインを引いておきます。
  • 3
    ツートンの場合はあらかじめ生地をはぎ合わせ、レースを付けておきます。この時、蜘蛛の巣状の接着フィルムを待ち針替わりに使うと大変便利です。
  • 4
    中袋の生地にポケットを縫い付けます。マグネットボタン付け位置に厚手の芯を貼り、ペンチでボタンをつけます。脇をミシン・底の部分もミシン。
  • 5
    持ち手を作ります。25㎜幅のテープメーカーを使い、直線断ちの生地をテープにします。トーションレースを縫い付け、もう1本のテープとはぎ合わせます。これを2セット作ります。
  • 6
    飾り用のフリルを作ります。三つ巻き縫い用のアタッチメントで端ミシンをかけ、ギャザーを寄せておきます。。
  • 7
    本体に中袋を入れてとじ口を1㎜控え、細かくマチ針を打ちます。ぐるりと1週ミシンをかけます。
  • 8
    レース生地をはさみで細かくカットし、縫い縮め、ペップやぼん天を通してボンドでくっつけ、コサージュを作ります。安全ピンを取り付けて完成。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

シーチングに厚手の接着芯を張りましたので、パリッとしていて丈夫になりました。型紙は写真のように紙ではなく、プラスチック板に直接油性ペンで製図し、切ったものを使います。柄行きを合わせるのに便利ですし、何個も同じものを作る場合は印付けの時にヘタレないので良いです。

tomoshibi27さんの人気作品


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、 ログイン が必要です

現在:0件



最新情報をSNSでも配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2020 Atelier, Inc. All Rights Reserved.