ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ログイン会員登録

アドレス(URL)変更ならびにアカウント(エキサイトID)移行のお知らせ

ウォンド

お気に入りに保存 5人

投稿者: SugarBear

ウォンドの作り方

このハンドメイド作品について

立体的なウォンドです。真ん中のミラーボールみたいな玉が舞台の上でキラキラ光ります。そこから光が放射されているようなデザインです。妖精の必需品ですね。

材料

  • 直径4mmの丸棒
    38cm
  • 直径2〜3cmの発砲スチロールの玉
    1個
  • スワロスキー4mm 5301 ローズ
    8個
  • スワロスキー4mm 5301 クリスタルAB 
    6個
  • スワロHF 2028 SS16 クリスタル AB  
    40個
  • スワロ ホットフィックス 2028 サイズSS16 ローズ
    10個
  • 金色の塗料(アクリリックなど)
    小、一瓶

道具

  • スティックロボ、スワロのHF用アイロン

作り方

  • 1
    発泡スチロールの玉に丸部を1cmくらい突き刺し、穴を開けます。
    ここに、丸棒が後ほど接着されます。

  • 2
    穴を塞がないようにワイヤーを通します。玉が真ん中になるようにして下さい。
  • 3
    10cmのワイヤーにはローズを通し、ワイヤーをねじり、ワイヤーの先が玉に入るようにします。反対側も同じようにしてビーズを通します。
  • 4
    同じ手順で、残りのワイヤー、10cmはローズ、13cmはクリスタルで偏らないようにバランスを見ながらビーズを通します。棒をさして少し離れてバランスを見てみましょう。
  • 5
    玉と棒を離して、金色の絵の具でペイントします。ワイヤーやビーズを塗らないように気をつけて下さい。
  • 6
    完全に乾いたら、スワロスキーのストーンで玉を覆います。ところどころにローズを散らして埋めていきます。
  • 7
    玉が棒が入る部分だけ残して完全に覆われましたら、グルーガンやボンド等の強い接着剤で棒を玉に付けて下さい。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

スティックロボがない場合はホットフィックスではないスワロスキー(1028)を同じサイズで用意し、ラインストーン用の接着剤、ジェムタックなどをお使いください。
また、発泡スチロールは熱で溶けますので、スティックロボをお使いの方は手早く付けて下さい。

SugarBearさんの人気作品

「ウォンド」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログインが必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2020 Atelier, Inc. All Rights Reserved.