ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ログイン会員登録

アドレス(URL)変更ならびにアカウント(エキサイトID)移行のお知らせ

ディスプレイボード

お気に入りに保存 54人

投稿者: fabriko

ディスプレイボードの作り方

このハンドメイド作品について

お気に入りのタッセルやアクセサリーは使わないときだって眺めていたいもの。
コルク板を使い、ピンの位置を自在に変えてディスプレイできるボードです。
布を使いますが針と糸を使わず、工作感覚で作成できます。

材料

  • コルク板(4mm厚)
    45×30cm
  • 厚紙(2mm)
    44×29cm
  • 52×37cm
  • キルト綿
    45×30cm
  • ブレード
    約160cm
  • #28ワイヤー
    1本
  • 割りピン
    3個
  • 水貼りテープ(画像なし)
    約10cm
  • 裏地用の布(画像なし)
    50×35cm
  • 木工用ボンド(画像なし)
    適量

道具

  • 工作用刷毛
  • カッターナイフ
  • ハサミ
  • 穴あけ用目打ちorキリ

作り方

  • 1
    コルク板の角から5cmを三角にカットする。
  • 2
    ボンドを大雑把に塗る。
  • 3
    その上にキルト綿を乗せて、
    はみ出た部分をカットする。
  • 4
    布の裏側とキルト綿をあわせて置き、コルク板にボンドを塗って生地でくるむように貼っていく。
    長辺→短辺→角の順で貼る。
  • 5
    うまくつかないときはクリップでしばらくとめておく。
  • 6
    厚紙の角も同様にカットして、
    端から8~10cmの位置に3箇所、
    図のように穴を開け割りピンを通す。
  • 7
    開いた割りピンは水貼りテープで
    とめておく。
  • 8
    割りピンを通す前に厚紙に布を
    貼っておくと裏もキレイ。
    3つの割りピンにワイヤーをかけると
    縦横どちらにでも掛けられる。
  • 9
    コルク板と厚紙をたっぷりのボンドで貼り合わせ、淵にブレードを貼ったら完成☆

このハンドメイド作品を作るときのコツ

角のカット、割りピンやワイヤー、ブレード装飾、裏地の布貼りを省略すると
より手軽に作れます。
コルク板と厚紙を貼り合せた後は反りやすいので、
しばらくクリップでとめておきます。

fabrikoさんの人気作品

「カルトナージュ」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログインが必要です

現在:0件



このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2020 Atelier, Inc. All Rights Reserved.