ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

本を汚れや傷から守るブックカバーは、外出時の読書でのプライバシー保護にも役立つアイテムです。図書館で借りた本や、大事にしたい本にも付けたいですね。購入時に書店で紙のブックカバーを付けてもらえることも多いですが、ステキなブックカバーで読書した方が気分も上がりますよ☆少しの工夫で簡単に、好みのサイズのものが手作りできますよ♪ハンドメイド初心者さんにもおススメです。

公開日:2021年10月13日 09:00

まずは基本的なブックカバーの作り方から。こちらは文庫本サイズのブックカバーです。工程が丁寧に説明されていますので、初めてブックカバーを作る方でも安心して作ることができますね☆手縫いでもミシンでも縫える、直線縫いだけで完成するレシピです。

ラミネート生地で作る、とても簡単な文庫本用ブックカバーのレシピです。1枚仕立てなので、余り布で作ることもできます。ラミネート生地なので、布端の処理もいりません♪水にも強いですよ。ミシンで縫う時には、すべり剤かシリコン押さえなどを利用して縫って下さいね。

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「ラミネート加工で作る超簡単ブックカバー」

こちらは単行本サイズのブックカバーです。サイズ調節ができるので、いろいろな幅の単行本に使用することができますよ。しおり付きで使い勝手も◎です。閉じたときにチラっと見える、しおりのチャームがステキですね☆動画レシピで分かりやすく説明されています。

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「長さ調節可能!単行本(四六判)サイズのブックカバー」

表紙が目立ちやすいコミックス専用のブックカバーは、電車などで読むときなどに重宝しそうですね。しおり付きなのもうれしいポイントです。お好みで、レースなどでアレンジするものいいですね!薄めの布を使う時は、接着芯を貼ると、本が型崩れしにくい、パリッとしたブックカバーができますよ。

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「コミックス用ブックカバー」

こちらは、レシピ通りに布を畳んで2箇所直線縫いし、ひっくり返すとブックカバーができる、まるで魔法のようなレシピです。入れる文庫本に合わせてサイズ調整ができるのもいいですね!畳んでいく作業を丁寧に行えば、キレイなブックカバーが作れますよ。1枚の布で作っても、リバーシブルになるように表裏の布を変えても作れます。

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「[2か所縫いで作る]文庫本カバー(リバーシブル)」

人気のパンチニードル刺しゅうをプラスした、文庫本サイズのブックカバーです。シンプルな無地の切り替えに、ミツバチと花の刺しゅうがおしゃれですね☆こちらもサイズ調整が可能なので、たくさん本を読まれる方にはうれしいレシピです。

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「ミツバチと花の刺しゅうブックカバー」

参考書サイズのブックカバーは、持ち手が付いていて持ち運びに便利です☆内側にはペンなどを入れられるポケットも付いていて、とても実用的ですね!ゴムで閉じることができるので、本もポケットの中身もしっかり守りますよ。身近に手に入る材料で作れるのも高ポイントです♪

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「レビューブックカバー(ゴムで閉じるタイプ)」

革を使って手縫いで作る、本格的な文庫本サイズのブックカバーのレシピです。お好みでスタンプを押したり、端革を縫い付けたりしてアレンジするのもステキですね。革は切りっぱなしでOKなので、縫うところは必要最小限で済み、高見えもするのでぜひチャレンジしてみてくださいね。

いくつあっても重宝する文庫本サイズのブックカバー。こちらは、リバーシブルで使えてサイズ調整が可能なタイプです。型紙が投稿されているので、型紙に合わせて裁断するだけ!直線縫いだけで作れますよ。タグなどをプラスすると本格的な仕上がりになります☆

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「文庫本サイズのブックカバー。」

こちらは新書用のブックカバーです。少し縦長な新書用のブックカバーは、市販では文庫本用・単行本用に比べて種類が多くないので、ぜひお好きな布でオリジナルのブックカバーを作ってみてくださいね。読書好きなお友達へのプレゼントにもおススメですよ!

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「新書yo★リバーシブル★ブックカバー」

なかなか見かけない辞書サイズのブックカバーは、ファスナー付き!ラミネート生地で上下左右すべて覆っているので、汚れにくく濡れにくく、辞書の持ち歩きにはピッタリです。ミシンで縫う時には、すべり剤かシリコン押さえなどを利用して縫って下さいね。

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「ファスナー付きブックカバー」

リバーシブルペーパーを使った、簡単便利な文庫本サイズのブックカバーのレシピです。ペーパーを折り上げてポケットを作っているので、同じペーパーを使って作るしおりを収納しておくこともできます。クラフトパンチを使って型抜きをすれば、ワンランクアップしたブックカバーが作れますよ♪

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「ポケットブックカバー&しおり」

好きな柄の包装紙で楽しめる、紙のブックカバーの折り方。書店でつけてくれるようなブックカバーが自分で作れますよ。あらゆるサイズに合わせて作れるのがうれしいですね☆一度折り方を覚えておくととても便利です。

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「紙で装うブックカバー・付け方」

ストライプを活かした、メンズライクでかっこいい文庫本用ブックカバーのレシピです。ユニセックスで使えるので、男女問わず読書好きな方へプレゼントしても喜ばれそうですね♪しおりや背表紙挟み用の帯の位置は、実際に本を当てて場所を決めると、使いやすいブックカバーができますよ。

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「メンズライクなブックカバー」

1枚布で直線縫いのみで出来る、新書サイズのブックカバーのレシピです。バッグの中で開かないようにホックが付いた、システム手帳のようなかっちりとした見た目がとてもステキです。しおり付きなのもうれしいですね。

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「1枚de★ブックカバー」

コーヒー染めした紙をロウ引きして作る、アンティークっぽい雰囲気がおしゃれな文庫本サイズのブックカバー。A4サイズのコピー用紙2枚で作ることができます。ロウ引きすると紙の強度もあがりますよ♪ロウ引きをアイロンでする際は、やけどに注意して行ってくださいね。

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「コーヒー染め&ロウ引き紙で作るブックカバー」

レース編みのブックカバーは、とても清楚な印象です♪模様編みは4目の繰り返しなので、横が4の倍数であれば、お好きな大きさのブックカバーを作ることができますよ。編み地のブックカバーはなかなか見かけることがないので、注目度も高いですね☆

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「かぎ針編みのブックカバー」

素材にフェルトを使うと、布端の処理が要らないので便利ですね♪フェルトをパッチワークして作る文庫本用ブックカバーは、ジグザグミシンのつなぎ目がとてもおしゃれなデザインです。ボタンとひもの留め具をつければ、本が開いて傷むのを防ぐこともできますよ。

読書の秋「手作りブックカバー」のアイデア

「つぎはぎフェルトのブックカバー」


最新情報をSNSでも配信中♪

twitter

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2021 Atelier, Inc. All Rights Reserved.