ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ログイン会員登録

アドレス(URL)変更ならびにアカウント(エキサイトID)移行のお知らせ

畳むとぺったんこ。底まちつき巾着

お気に入りに保存 60人

投稿者: margo

畳むとぺったんこ。底まちつき巾着の作り方

このハンドメイド作品について

コップ袋やお弁当袋などは広い底まちがあると便利だけれど、まちをつけると畳みにくくなってしまいます。
簡単なひと手間で、畳むとぺったんこになるまちの作り方をご紹介。
今回は巾着を作りますが、小さい手提げの底にも使えます。

材料

  • 表布
    1枚
  • 2本
  • ミシン糸
    適宜

作り方

  • 1
    出来上がり寸法、まち幅はお好みでお決めください。

    袋口の縫い代は1cm、脇の縫い代は7mm~1cmくらいをつけて裁ち、ジグザグかロックをかけて端の始末をします。
  • 2
    柄に向きがある場合は底ではぎ合わせます。
    柄合わせが必要な場合は布取りに気をつけてください。

    底には縫い代をつけましょう。
  • 3
    布を切り替える場合は2箇所ではぎ合わせます。

    表布Bの長さは好みで。

    切り替え線にはそれぞれ縫い代が必要です。
  • 4
    はぎ合わせが要る場合は先に縫い合わせておき、縫い代は割るか、片側に寄せて押さえミシンをかけるかしておきます。
  • 5
    布を中表にして半分に折り、アイロンをかけます。
    さらにまち幅×1/2の幅を片側に折り上げてアイロンをかけます。

  • 6
    この時点で袋口を三つ折りにしてアイロンをかけておくと後の作業が楽です。
  • 7
    まちを折り上げたまま、両脇をあきどまりまで縫います。

    底の部分は4枚を一度に縫うことになります。

  • 8
    縫い代を割ってアイロンをかけ、紐通し口に押さえミシンをかけます。

    あきどまりには力がかかるので、数回往復しましょう。

    表に返します。
  • 9
    底はこんな風になっています。

    アイロンをかけて押さえます。
  • 10
    袋口を三つ折にして、端に押さえミシンをかけます。

    紐通し口の大きさに余裕があれば、袋口から5mm~1cmのところをもう1本縫ってもよいと思います。
  • 11
    紐はお好みの長さで。
    私は、1周分+結ぶための余裕7~8cmにしています。もっと長くても。

    両側から1本ずつ通します。

    今回は別布で作った紐の端を縫いとめています。
  • 12
    中に物を入れると、底はこんな感じになります。
  • 13
    ぺったんこに畳めて、しまうときに場所を取りません。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

ひとえ仕立ての巾着や小さめの手提げに向いた底まちです。
布は厚手でないものが向いています(ブロード、シーチング、ギンガムなど)
横幅は、まちの分量を考えて決めてくださいね。でないと、妙に縦長に見える袋が出来上がります。
1工程ずつ、必ずアイロンをかけましょう。
面倒なようですが、後の工程が確実に楽になります。仕上がりも綺麗です。

margoさんの人気作品

「巾着」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、ログインが必要です

現在:0件



最新情報を
SNSでも
配信中♪

twitter

ピックアップ

手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2020 Atelier, Inc. All Rights Reserved.