ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

秋のお散歩に便利リボンで作る「スマホショルダー」②

お気に入りに保存 0人

投稿者: (株)ベルアートオンダ

秋のお散歩に便利リボンで作る「スマホショルダー」②の作り方
秋のお散歩に便利リボンで作る「スマホショルダー」②の作り方
秋のお散歩に便利リボンで作る「スマホショルダー」②の作り方

制作時間:1時間

完成サイズ: 縦:16cm 横:10cm 高さ:1cm

このハンドメイド作品について

アジアンノット付きのスマホケースの作り方を応用して、秋のお散歩に便利な、チョコレート色の「スマホショルダー」を作ってみました。
②では、ショルダー本体の作り方をご紹介致します。
留め具のアジアンノットの作り方は①をご覧ください。
簡単に作ることが出来ますので、よろしければ作ってみてください。

材料

  • 茶色リボン(縦用 品番BEL-0051):50mm幅
    47cm x 2本
  • 焦茶リボン(横用 品番BEL-0051):50mm幅
    22cm x 4本
  • 焦茶リボン(横用 品番BEL-0051):18mm幅
    25cm x 1本
  • ワックスコード(肩紐用 品番ART-0120):3.5mm幅
    1m
  • アイロン接着芯
    10cm x23cm
  • 厚紙
    10cm x16.5cm

道具

  • ハサミ
  • 両面テープ
  • 接着剤
  • アイロン

作り方

  • 1
    本体を作ります。
    アイロン接着芯(10cm x 33cm)の接着面を外側にして2つ折りにし
    型紙(10cm x 16.5cm)を挟みます。
  • 2
    接着芯の上から横用の焦茶リボンで、横方向に輪を4段作ります。
    輪のつなぎ目は、両面テープで貼り合わせます。
    この時、写真の様に、つなぎ目が左右交互にします。
    一番上の18mm幅は、肩紐のコードが通るように輪を調整して留めます。
  • 3
    縦用の茶色リボンを交互に通します。
    下で折り返して裏側も同様に通します。
  • 4
    縦用のリボンを通し終えたら、蓋部分を作ります。
    横用のリボンを交互に通し、輪にして留めます。
    リボンを交互に通し、蓋部分が完成です。
  • 5
    アイロンで接着芯を接着します。
    *端の方で、接着具合などを確認して温度を調整してください。
    *当て布をしてアイロンをかけて頂く事をお勧めします。
    接着後は、ゆっくり中の型紙を取り出してください。
  • 6
    リボンの重なり部分で、浮く箇所や強度が弱い部分は、両面テープなどで留めて完成です。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

蓋部分は、接着芯を使用していないので、リボンの重なり部分が浮く場合もあります。
気になる方は、両面テープなどで固定してください。
肩紐部分は、負荷がかかりますので糸で縫い留めるのもおすすめです。
内側の接着芯が気になる方は、内袋を入れると綺麗いに仕上がります。
リボンの材料費は、合計約1000円です。
お好きなリボンでお試し頂けましたら嬉しいです。

(株)ベルアートオンダさんの人気作品

「リボン」の関連作品

全部見る>>


この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、 ログイン が必要です

現在:0件



最新情報をSNSでも配信中♪

twitter

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2022 Atelier, Inc. All Rights Reserved.