ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ピコットコームを使って作るタティングレースモチーフ

お気に入りに保存 0人

投稿者: クロバー株式会社

ピコットコームを使って作るタティングレースモチーフの作り方
ピコットコームを使って作るタティングレースモチーフの作り方

このハンドメイド作品について

大きさの異なる複数のピコットを連続して作ることができる「ピコットコーム」を使ったタティングレースのモチーフです。
少し大きめのピコットはきれいにサイズをそろえるのが難しいですが、ピコットコームを使うときれいに作れます。
#10~#50のレース糸にはピコットコーム<ラージ>を、#60~#100のレース糸にはピコットコーム<スモール>をお使いください。
タティングレースの基本的な編み方ができる方におすすめのレシピです。
できたモチーフは、ピアスやイヤリングに仕立ててもかわいいです。

材料

  • レース糸(お好みの太さ・色のものをご使用ください)
    適宜

道具

  • ピコットコーム〈ラージ〉
  • タティングシャトル<フローラ>
  • ピコットコーム<スモール>
  • カットワークはさみ

作り方動画

クロバー タティングレース基本の編み方 (クロバー)

作り方

  • 1
    A のリングからスタートし、続けて B、C のリングを隣のリングのピコットとつなぎながら 編んでください。
  • 2
    A のリングからスタートし、リング、ブリッジを交互に編んでいきます。 C・D のリングは隣のリングのピコットとつなぎながら編んでください。 A・C・D のリングのピコットはすべて、ピコットコームの高さ「1」で作ります。
  • 3
    【内側:A・B・C】 A のリングからスタートし、続けて B、C のリングを隣のリングのピコットとつなぎながら編んでください。 A・B・C のリングのピコットはすべて、ピコットコームの高さ「1」で作ります。 【外側:D・E・F】 D のリングからスタートし、リング、ブリッジを交互に編んでいきます。 D のリングは、内側の A・B・C のリングのピコットとつなぎながら編んでください。
  • 4
    【ピアスやイヤリングに仕立てる方法】 できたモチーフのピコットに丸カンを取り付け、 ピアス・イヤリングのパーツにつなぎます。 間にチェーンを入れてもかわいいです。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

タティングレースの基本的な編み方ができる方におすすめのレシピです。
できたモチーフは、ピアスやイヤリングに仕立ててもかわいいです。

クロバー タティングレースリングの編み方 https://clover.co.jp/movie/post_21
タティングレースブリッジの編み方 https://clover.co.jp/movie/post_22

クロバー株式会社さんの人気作品

「タティング」の関連作品

全部見る>>

この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、 ログイン が必要です

現在:0件



手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2021 Atelier, Inc. All Rights Reserved.