ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

充電パーツも入れられるポケット付きタブレットバッグ

お気に入りに保存 0人

投稿者: クロバー株式会社

充電パーツも入れられるポケット付きタブレットバッグの作り方
充電パーツも入れられるポケット付きタブレットバッグの作り方

このハンドメイド作品について

キルティング布で作るタブレットバッグです。
充電パーツなどを入れられるポケット付き。ポケットは深めに作ってあります。
袋口は大きめのボタンとループを使ってとめるので、しっかりとめておけば袋口からタブレットが飛び出る心配がありません。

入園入学グッズで必要な方にも!レッスンバッグ等のレシピはこちらから♪
https://clover.co.jp/nyuen/top.html

材料

  • 外袋用生地(キルティング)
    たて35×よこ24cm…2枚
  • ポケット用生地(キルティング)
    たて24×よこ24cm…1枚
  • 内袋用生地(オックスフォード)
    たて35×よこ24cm…2枚
  • ベルト 25mm幅
    35cm…2本
  • ボタン
    直径25mm…1個

道具

  • 方眼定規〈50cm〉
  • 水性チャコペン〈青・細〉
  • ぬいしろガイド〈位置決めプレート付〉
  • アイロン定規
  • 布切はさみ
  • 糸切はさみ
  • 目打
  • リッパー
  • 待針
  • ピンクッション
  • 縫い針
  • ミシン
  • アイロン
  • アイロン台

作り方

  • 1
    できあがりサイズ:たて32cm×よこ22cm
  • 2
    材料を用意します。
  • 3
    ポケット口にジグザグミシンをかけ、1cm折ります。
  • 4
    0.5cmのところを縫います。※縫い始めと縫い終わりは返し縫いをします。
  • 5
    ポケットを外袋用生地に合わせて縫います。
  • 6
    ポケットを区切ります。※縫い始めだけ返し縫いします。
  • 7
    外袋用生地に中心のしるしを付け、2cmのところにアイロンで折りグセを付けます。※2枚とも同じようにします。
  • 8
    中心のしるしから3.5cmずつ離れたところに、ベルトを縫い付けます。縫い始めと縫い終わりを1針ずつ返し縫いしておくと、作業中にほつれません。※ベルトはねじれないように気をつけてください。
  • 9
    ポケットを付けた方の外袋生地に、ボタンを縫い付けます。付け位置は生地の中心で、付けた折りグセから5cmくらい下です。※ボタンのサイズなどによって、付け位置を調節してください。
  • 10
    内袋用生地を中表にして縫い合わせます。
  • 11
    ぬいしろを割り、袋口を2cm折ります。
  • 12
    外袋用生地を中表にして縫い合わせます。
  • 13
    ぬいしろを割り、付けておいた折りグセの位置で袋口を折ります。
  • 14
    外袋を表返します。袋の角は目打で整えます。
  • 15
    外袋の中に、内袋を入れます。
  • 16
    ボタンを付けた方と反対側の外袋と内袋の間にひもを挟んで、袋口を一周縫います。脇から縫い始め、縫い終わりは縫い始めに1cmほど重ねます。
  • 17
    できあがり!

このハンドメイド作品を作るときのコツ

学校よりタブレットケースの準備の連絡があった時には、
こちらのレシピをご活用ください♪

クロバー株式会社さんの人気作品

「タブレットバッグ」の関連作品

全部見る>>

この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、 ログイン が必要です

現在:0件



手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2022 Atelier, Inc. All Rights Reserved.