ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

オーバルニットルームで作る ニワトリとヒヨコのあみ

お気に入りに保存 0人

投稿者: クロバー株式会社

オーバルニットルームで作る ニワトリとヒヨコのあみの作り方
オーバルニットルームで作る ニワトリとヒヨコのあみの作り方

このハンドメイド作品について

コロンとした形がかわいい、ニワトリとヒヨコのあみぐるみです。
「オーバルニットルーム」は、リリアンのように糸をかけていくだけできれいな輪編みができるので、編み物が出来なくてもかわいいあみぐるみが作れますよ!
お子さまと一緒に作るのもおすすめです。
たくさん作って遊んだり、お部屋に飾って楽しんでください。

オーバルニットルーム https://clover.co.jp/seihin/ovalknit.html

材料

  • 並太毛糸
    適宜
  • ペレット
    適宜
  • 手芸用綿
    適宜
  • 目玉パーツ(6mm)
    適宜
  • 生地
    適宜
  • フェルト
    適宜

道具

  • オーバルニットルーム
  • カットワークはさみ115
  • 水性チャコペン<細 紫>
  • クロバーボンド<多用途・速乾>

作り方動画

クロバーレッスン動画「オーバルニットルームで作るニワトリとヒヨコのあみぐるみ」 (クロバー)

作り方

  • 1
    【ニワトリの作り方】本体の編み地の中に入れる重りを作ります。図のように生地(10cm×5cm)の両端にボンドを付けて折り、袋状にします。ペレットを入れ、入れ口にボンドを付けて閉じます。
  • 2
    白い毛糸でオーバルニットルームの商品付属の使い方説明書「基本の編み方」の通りに作り目をします。この時最初の糸端を50cmほど残しておいてください。
  • 3
    表編みを15段編みます。
  • 4
    糸端を約60cm残してカットし、とじ針を使ってオーバルニットルームにかかっている編み目に1目ずつ通します。
  • 5
    全ての編み目に糸を通したら編み地をオーバルニットルームから外し、糸端をしっかり引いて絞ります。糸端を編み地の裏側に出し、引き締めた部分がゆるまないように数回編み地に通して始末します。
  • 6
    編み始めの糸端をとじ針に通し、作り目の目に一周通します。
  • 7
    ⑥に手芸用綿を入れ、さらに①の重りを入れます。重りが人形の底になるので、平らになるように入れてください。糸端をしっかり引いて絞り、ゆるまないように数回編み地に通して糸を始末します。
  • 8
    とじ針(No.18)に白い毛糸(約30cm)を通し、目玉パーツを縫い付けます。糸端に大きめの玉結びを作り、とじ針を後ろ側の編み目から糸を割らないように入れ、玉結びを編み地の中に隠します。最後はとじ針を後ろ側に出し、玉どめします。玉どめは編み地の中に隠します。
  • 9
    実物大型紙を使ってフェルトをカットし、くちばし、とさか、羽のパーツを作ります。
  • 10
    ⑨をボンドで本体に貼り付けて完成です。
  • 11
    【ヒヨコの作り方】本体の編み地の中に入れる重りを、ニワトリの作り方① と同様に作ります。本体は、ニワトリの作り方②~⑦と同様に、使用毛糸を黄色に、オーバルニットルームで編む段数を12段に変えて作ります。
  • 12
    ニワトリの作り方⑧と同様に目を縫い付け、実物大型紙を使ってフェルトをカットし、くちばし、羽のパーツを作ります。
  • 13
    ⑫をボンドで本体に貼り付けて完成です。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

「オーバルニットルーム」は、リリアンのように糸をかけていくだけできれいな輪編みができるので、編み物が出来なくてもかわいいあみぐるみが作れます!

クロバー株式会社さんの人気作品

「あみぐるみ」の関連作品

全部見る>>

この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、 ログイン が必要です

現在:0件



手縫いの基本動画まとめ

このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2022 Atelier, Inc. All Rights Reserved.