ハンドメイドレシピと手作り情報サイト

ハロウィンの刺しゅうフレーム/ブローチ

お気に入りに保存 0人

投稿者: クロバー株式会社

ハロウィンの刺しゅうフレーム/ブローチの作り方
ハロウィンの刺しゅうフレーム/ブローチの作り方
ハロウィンの刺しゅうフレーム/ブローチの作り方

このハンドメイド作品について

片側からぷちぷち刺すだけで、簡単に可愛いループステッチができるフリーステッチングニードルで、オバケやカボチャ、キャンディなどハロウィンのモチーフを刺しゅうしました。
刺しゅうフレームに仕立ててお部屋に飾ったり、ブローチにしてお洋服やバッグ、帽子に付けて、ハロウィンを楽しみましょう!
糸はクロバーの「ダーニング糸」を使いました。細めのウール調の糸なので、刺しゅう糸よりもふんわりした仕上がりに。パンチニードルの技法です。

材料

  • カラフル刺しゅう枠12cm<パープル>
    適宜
  • クロバーダーニング糸
    適宜

道具

  • フリーステッチングニードル
  • フリーステッチングフープ <12cm>
  • フリーステッチングスタンド <12・18cm>
  • フリーステッチング針先 <6本取>
  • パンチニードル用ボンド
  • クロバーNewチャコピー 片面<グレー>
  • トレーサー<ツイン>
  • カットワークはさみ115
  • フランス刺しゅう針No.7
  • ぬい針「絆」薄地用 短針8

作り方動画

クロバー フリーステッチング (クロバー)

作り方

  • 1
    【刺しゅうフレーム】チャコピーとトレーサーを使って生地に図案を写します(実物大図案はPDFをご覧ください)。 絵柄は生地の裏側に、文字は生地の表側に写します。フリーステッチングフープに張り、図案の指示通りにフリーステッチングニードルで刺しゅうします。フリーステッチングで刺しゅうした部分の裏側にボンドを付けて始末します。
  • 2
    ボンドが乾いたら、生地の表側から図案の指示((a)~(e)※詳細はPDFをご覧ください)通りにビーズやフェルト、手刺しゅうを加えます。
  • 3
    生地をカラフル刺しゅう枠12cmに張り直し、枠からはみ出た生地を3~4cm程残してカットします。 生地の1cm内側を粗めになみ縫いし、 糸を引き締め玉どめして完成です。
  • 4
    【ブローチ】実物大図案から好きなモチーフを選んで生地に写し、図案の指示通りにフリーステッチング部分を刺しゅうします。 緑色のキャンディは中央の部分(画像の部分)だけを フリーステッチングニードルで刺しゅうします。 裏側にボンドを付けて始末します。ボンドが乾いたらオバケ、カボチャはそれぞれ図案の指示通りに目と口を仕上げます(カボチャの茎は刺しゅうしません)。 キャンディは2種類ともそのまま次の工程に進んでください。
  • 5
    生地をフープから外し、のりしろを5mm程度残して生地をカットします。のりしろに3~5mm間隔で切り込みを入れ、裏側に折ってボンドでとめます。 切り込みを入れるときはステッチした部分をカットしないように気を付けてください。
  • 6
    PDFの実物大型紙を使って裏側に貼るフェルトをカットします。
  • 7
    フェルトにブローチピンを縫い付けます。
  • 8
    ブローチピンを縫い付けたフェルトを本体の裏側にボンドで貼って完成です。

このハンドメイド作品を作るときのコツ

片側からぷちぷち刺すだけで、簡単に可愛いループステッチができるフリーステッチングニードルで、オバケやカボチャ、キャンディなどハロウィンのモチーフを刺しゅうしました。
クリスマスなどオールシーズン楽しめますよ♪

クロバー株式会社さんの人気作品

「フリーステッチングニードル」の関連作品

全部見る>>

この作り方を元に作品を作った人、完成画像とコメントを投稿してね!

コメントを投稿するには、 ログイン が必要です

現在:0件



このサイトに掲載された作品に関して、その作品の作者以外の方は写真やデザインを複製して販売したり、商用利用はしないでください。
個人の趣味の範囲でお楽しみいただくようお願いします。

Copyright © 2008-2021 Atelier, Inc. All Rights Reserved.